awsの運用は全て社内で対応しようとすると困難なことがよくあります。awsの運用にはawsに特化したノウハウを持っているエンジニアが何人も必要になるからです。この記事ではawsの運用で使える監視サービスについて紹介します。

なぜ運用に監視サービスの利用が重要なのかをわかりやすく説明し、サービスの選び方も解説するので参考にして下さい。

awsのwebサイト監視は重要な位置づけ

awsの運用に監視サービスが必要な理由

awsの運用に関して社内エンジニアだけで対応できている企業もあるのは確かですが、多くの困難を乗り越えてようやく安定して運用できるようになったというケースが目立ちます。これはawsはクラウドサーバーの一種で、クラウドサービスに強いサーバーエンジニアの力が必要だからです。

特にawsは独自のサーバーシステムと課金システムを持っているため、一般的なクラウドサービスのノウハウしか持っていないサーバーエンジニアでは適格とは限りません。適切な運用をするためにはawsに特化した知識や技術を兼ね備えている優秀なエンジニアでなければならないのです。

さらにawsの運用には監視が必要になります。サーバー監視を24時間体制で実施するためには一人のエンジニアの力では不足です。一人で対応できるエンジニアだったとしても8時間勤務なら3人は確保しなければなりません。

もともと優秀なサーバーエンジニアを複数雇っている企業なら対応できるかもしれませんが、少数のエンジニアしか雇っていない企業やそもそも社内エンジニアがいない企業では監視を徹底するのは困難でしょう。この対策として重要になるのが外部委託をする方法です。

クラウドサーバーを利用する企業が増えている影響で、サーバー監視サービスが充実してきています。awsに特化したサービスもあるので、利用した方が効率的な運用を実現できるでしょう。

監視サービスの種類と特徴

awsの監視サービスは大きく分けると三種類あります。一つ目は監視だけでなく運用まで幅広く手掛ける総合サービスです。awsの運用に関連する業務をアウトソーシングできるのが特徴で、社内での運用負担はほとんどなくなります。

awsの領域にインスタンスやプラットフォームを構築するところから委託できるので、社内エンジニアがいなくてもawsを利用できるのが特徴です。総合サービスは費用負担が大きいのが難点ですが、エンジニアを三人も雇うよりは安上がりで済みます。

一人分の人件費にもならないくらいの費用で対応してもらえるのが一般的です。二つ目はエンジニアによる監視サービスです。awsの監視を24時間体制で担当エンジニアが交代制で実施してくれます。基本的な方針を伝えておけば、リスクが見つかったときに対処したり、障害が発生したときに応急処置を取ったりしてもらうことも可能です。

監視業務だけアウトソーシングする形にすることもできるため、特に具体的な指示を出せなくても障害防止をしてもらう選択肢もあります。また、完全に監視するだけで、問題があるときにはSMSなどで連絡をもらえるサービスも選べます。

このように指示に対して忠実に対応してくれるエンジニア、あるいは予備知識がなくても完全に任せられるエンジニアに監視を委託できるのが特徴です。三つ目は自動システムによる監視サービスです。サーバー監視サービスとしては最も簡素でありながら、awsの利用があまり多くない現場では十分とも言える監視サービスになっています。

障害発生につながるパターンや利用上のトラブルや不満が起こりやすいパターンなどを記録しておき、条件を満たしているときの対応を入力しておくことで自動的に対応させるシステムです。サーバー監視サービスを提供する業者では独自のアルゴリズムで監視するシステムを構築しています。

awsに適した自動システムを持っていて、依頼をするとそのシステムを使って監視を行ってくれます。エンジニアによるサービスに比べて費用も安いことから人気が高い監視サービスです。

監視サービスを選ぶ流れ

awsの監視サービスを選ぶときには、まず社内対応がどのくらいできるかを見極めます。現場調査を実施してawsのサーバー運用ができるエンジニアがいるか、監視に対応できるエンジニアが何人いるかを確認しましょう。

そして、awsの運用にかけられる予算を検討し、人材雇用を進めるべきか、充実した内容のサービスに申し込むかを決めるというのが基本的な流れです。大枠として総合サービスか、エンジニアによるサービスか、自動サービスかが決まったら、二社か三社くらいを選んで相談をしてみましょう。

そして、サービスの内容の説明を受けて、見積もりを依頼します。サービスの内容と見積もりの結果を比較して、最もコストパフォーマンスが高いところを選ぶというのが適切な選び方です。

監視サービスを選ぶときのポイント

監視サービスを選ぶときに重要なのは見積もりを比較する段階です。この時点でどの業者にも同じ条件で見積もりを依頼していないとコストパフォーマンスを比較するのが困難になります。そのためにもどの種類のサービスを利用するのかを予め決めておき、サービスの説明を受けたときに他のものを勧められても意思を貫き通すのが大切です。

複数のプランを持っている業者は多いので、もし気になるなら全てのプランについて見積もりを出してもらうようにしましょう。見積もりを取るだけなら費用負担はないため、安心して複数のプランの見積もりを取れます。

監視サービスの注意点

監視サービスを利用するときには安定的にサービスを提供してくれる業者かどうかを見極めましょう。awsを代表とするクラウドサーバーが人気になった影響で、次々に新しいサーバー監視サービスが登場してきています。

競合他社が多いと競争で負ける業者が出てきてもおかしくはありません。できるだけ実績が豊富で安定している業者に依頼するのが適切です。コストパフォーマンスが同じくらいの業者で迷ったときには、実績を確認してみて、継続して利用している企業が多い業者を選ぶようにしましょう。

awsの監視サービスを使って運用しよう

awsの運用は社内で行うのは困難になりがちなので、外部委託をして安定した運用を可能にするのが大切です。監視サービスを利用するとエンジニアの負担は大きく軽減されます。ここで紹介した三種類のうちでどれが自社に合っているかを社内調査を経て確認し、見積もりを比較してコストパフォーマンス重視で選ぶのがおすすめです。